TOPへ↑

京都で木造住宅を建てるなら田中建工へ

お問い合わせ
  1. ホーム
  2. 今の木造住宅

今の木造住宅  present wooden house

木の住まいは、五感を通して家族をやさしく包みます。その心地よい安心感は、子どもからお年寄まで伝わりリラックスさせてくれます。そして人に優しい手触り感は、触感に敏感な小さな子供たちの情緒や感性を育んでくれることでしょう。まさに生まれる前から老後まで、木のぬくもりに包まれる理想的な暮らしを木の住まいは実現できるのです。

環境に優しい家

環境に優しい

日射条件を確認し、太陽の光をうまく取り入れた設計をすることにより、省エネにつながります。田中建工は快適に生活できるような工夫と、エネルギー・資源・産廃物などに配慮し、地球環境の保全を考えた家づくりをご提案させていただきます。

耐震性能

耐震性能

最近の木の家は同じ重量なら鉄やコンクリートよりも高い強度を持っています。建築基準を守った木の家が、阪神大震災の1.5倍の揺れに対しても堅固であることが実証されています。耐震性をしっかりと確保した上で、お客様のお望みの間取りやデザインに設計することもできます。

防火性能

防火性能

木は燃えると、表面にできる炭化層が燃焼に必要な酸素を遮断し、ある程度の厚さがあれば中心に火が通るまで時間がかかります。また、木は燃えても有害ガスを発生させません。そして、優れた耐火性を備えた木造住宅にすれば、さらに防火性能が高くなります。

設計の自由度

設計の自由度

今まで数多くの木造注文住宅を建ててきた田中建工では、お客さまのライフスタイルによって異なる要望、希望、こだわりをしっかり聴き取り、ご家族が暮らしやすい間取り、設備を選んで一から作り上げ、この世にひとつしかない木の家をお届けします。

国土の67%が森林で、世界有数の森林国の日本。その山や緑に囲まれた、豊かな自然環境を考えると、身近にある木に慣れ親しみ、永い年月をかけて、独自の木の文化を築きあげてきたことは、当然のように思われます。世の中がどんなに変わっても、8割以上の日本人が、「木の家で暮らしたい」と考えています。それは長い間、木とともに暮らしを営んできた、日本人の根底にある、最も自然な想いなのかもしれません。弊社では木を熟知した職人の目と、長年培ってきた経験で、ひとつひとつの材の特徴を見極め、適材適所に木の特性を活かした家づくりをしています。

スマートフォン版で見る